家族

アントシアニンで視界良好を図る│忙しい人はサプリで摂取しよう

体の不調をとるために

生薬

体に不調が訪れる時

更年期とは女性の体にとって大きな変化がある時です。年齢を重ねて卵巣の機能が低下しそれに伴い女性ホルモンの分泌も低下していきます。日本人の閉経の年齢は45歳から55歳の頃に訪れ、その期間を更年期といいます。そして更年期の頃の女性には女性ホルモンの急激な低下で体に様々な変化が起こります。イライラやめまい、ほてり、鬱症状などが起こります。全ての方に起こるわけではなく症状が重く辛い方もいれば、症状がほとんどない方もいます。症状がある場合は婦人科などを受診し更年期障害と診断されると保険適用で治療を受ける事が可能です。ほとんどの治療にはホルモン補充療法が用いられますが、この治療に抵抗がある方やたくさんの症状があり薬が多い方には漢方が処方する事ができます。

個人の判断は危険

更年期障害の治療には薬として漢方はとても有効です。漢方には1つの漢方で多くの症状に効果的なものが多くあります。そのため、多くの薬の服用が必要な方には飲む負担が減るため喜ばしいものになります。漢方は病院でなくてもさまざまな店舗で購入する事が可能です。しかし、自分で判断して使用するのは危険があります。漢方を処方するためには、人それぞれの症状や体力などさまざまな事を診ています。そのため、病院や専門医から処方されるものは個人個人に合ったものです。ある程度症状が改善され自分が処方されている漢方が分かるのであれば市販のものでも大丈夫ですが、それまでは個人で判断して使用していくのは危険です。また漢方の中には病院や専門医しか扱えないものもある事を理解する必要があります。